2015年3月3日火曜日

ロンドンからクラクフそしてブダペストまで電車にて、三世代親子乗り鉄の旅

ちょうど昨年のクリスマスのこと

ロンドンからポーランドのクラクフに行こうという話になったのは、ダディの実家、娘にとってはナナ(おばあちゃん)の家で家族団らん楽しいクリスマスを迎えたときのこと。

毎年家族みんなが集まりクリスマスを迎えること楽しみにしているナナ。
この年のクリスマスには、ダディの弟の姿は見えませんでした。 昨年よりポーランドのクラクフに転勤となった、娘にとってはおじさんは、仕事が多忙でこの年のクリスマス休暇には、イギリスに帰って来れなかったのです。

ちょっと寂しそうなナナを見て思いついたのが、この企画。

三世代親子乗り鉄 

ロンドン、クラクフそしてブダペスト

8日間の旅


娘とおじさんの誕生日が4日違いなのと、おまけにおじさんのパートナーの子供の男の子も娘と3日違い。おじさん、娘、男の子の順に誕生日が近いこともあって、「みんなで楽しく三人の誕生日をお祝いできたらいいね。」ということで、わが家プラスナナの4人で、ポーランドへ行こうということに。

 その場でサクっと調べてみると、ちょうどその頃は、娘の学校のハーフターム、中間休みということもあって、クラクフ行きの飛行機の値段が思ったよりも高く、それなら電車でのんびり行ってみようかということに。さらに調べると、電車の方が飛行機よりも若干安く済みそう。
ナナも乗り気で資金の提供を申し出てくれた(!)ので、今回の三世代親子乗り鉄の旅が実現することになりました。 





ロンドンからポーランドへ

リサーチをした結果、ロンドンからポーランドのクラクフへの行き方は何通りかあって、親子乗り鉄には、ロンドンからベルギーのブリュッセル、ドイツのケルンから寝台列車でワルシャワ、クラクフと、電車を三回乗り換え二日間かけて 行く方法が一番時間的、料金的に都合がよさそうでした。

ロンドンからドイツのケルンまでは、ユーロスターとベルギー=ドイツ間を結ぶ列車に乗りますが、三ヶ国間にまたがるのでウェブサイトも三ヶ国の複数サイトでチェック。

この三ヶ国間を結ぶ列車は、キャンペーン中で安い場合があり、ユーロスターのサイトでは値段が高くても他のサイトでは値段が安かったりと、国によって値段や時間がまちまちなので複数サイトで見てみる価値はあります。
英ユーロスター、ベルギー鉄道のサイト、ドイツ鉄道の3サイトでチェック。

今回はドイツ鉄道のサイトで購入するのが希望の日にちと時間帯で比較的やすい値段でありました。 同じサイトで、ドイツのケルンからポーランドのワルシャワまでの寝台車Euronight Jan Kiepuraも予約。


ドイツは五歳までは料金がかからないので、親子三人なら1等寝台の二人分のベットで予約したのですが(ベット下段で親の一方が娘と二人で寝る)、今回はナナもいるという事で、二等寝台四人分のベッドを予約しました。 

ワルシャワからクラクフ

ワルシャワからクラクフまでは、ポーランド鉄道のサイトでチケットの予約購入が出来るのですが、国内は一ヶ月前からの販売開始という事で一番最後に購入しました。

 帰路に関しては、やはりクラクフからロンドンに向かう飛行機の便が結構高かったので、近場の大都市、ブダペストやプラハからのロンドンへ向かう便をみてみたら、早朝の時間帯ですが、なぜか30ポンド代であるじゃないですか。

クラクフから他の都市に行ってみるのも悪くないな…。

と、時間帯や値段などを考慮した上で、クラクフからさらに寝台列車でブダペストへ向かい、そこからロンドンへ飛行機で戻る事にしました。

てっきり、ナナはクラクフまで一緒に行き帰りはクラクフから飛行機で戻る、のだと思っていたら、わが家の計画を聞くと、ブダペストも行くということで、全行程一緒に旅することに。 

この時点では、一体全体どの様な旅になるのか想像もつきませんでしたが、小さな子供がいるということで、もともとそこまで強行な計画をしているつもりはなかなかったので、お年寄りがいても、疲れることは疲れるでしょうが、まあ大丈夫かなと。 

ということで、今回の三世代親子乗り鉄の旅に出ることになりました。



にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿