2014年8月5日火曜日

【子連れでノルウェーの旅】物価が死ぬほど高い雨の日のオスロでの過ごし方。

02 August 2014

今日は子連れ旅、オスロ滞在最終日。
夕方の飛行機17:20発で、次の目的地セルビアのベオグラードに向かうので、午後2時過ぎくらいまで時間があります。

が、オスロ3日目、朝起きてすぐに部屋の遮光カーテンを明けると、外は曇天の空。
ネットで天気予報を見ると、昨日まではものすごく天気がよかったのに今日のオスロは一時的だけど雨降るという予報.....。



朝ご飯を食べて、今日の残された滞在時間をどう過ごそうかと話していると、どうやら小雨が降り出し始めました。

子連れ旅行で雨の日は正直辛い。。。
ホテルの部屋でじっとしているのはどう考えても無理なので、歩いて10分程度の近場にあるオペラハウスと現代美術館に行こうということに。

とりあえずチェックアウトを済ませ、荷物を預けてから、いざ出発。
小雨なら雨具なしで帽子をかぶればいいし!とイギリス流、雨のしのぎ方が身に付いてしまっているわが家。が、この「イギリス流」が命取り、すぐ後悔することに。

徒歩10分くらいなので、歩いてオペラハウスへ向かいましたが、オペラハウスに到着した途端に土砂降りの雨。

もちろんオペラハウスは、オペラやバレエを見る意外に長時間時間をつぶせるような所ではありません。
しかも、子連れ、そしてオスロ。物価が高いのでむやみにお金も払いたくない。


5年の歳月を経て完成した総工費用200億といわれている
オスロのランドマーク、オペラハウス。


オペラハウスのロビーのソファーで雨宿りをするも、ちょっとした「暇つぶしに」と持って来たバイキングの本は、とうとう読み尽くし、何もないオペラハウスの中でこれ以上時間をつぶすのはもう限界!という所まで行き着き、仕方がないので、ミュージアムショップで、意を決し、ただでさえ高級な折りたたみ傘を「1本」買いました。
高級傘とともに建物の外に出ますが、外はそれにも勝る雨あし…。
高級傘1本では到底役に立ちません。

こうなったら、家族を守るために誰かが犠牲にならなければいけません!
ママがオスロ・オペラハウス特製高級折り畳み傘をさしてホテルへ家族分のレインコートを取りに戻ることに。

気合いを入れ、多少雨あしが弱まったところ、ママは高級傘をさして一路ホテルに戻ります。
ところがホテルまでの道のりの1/3くらいまで歩いたところで、雨は急に小降りになり始め、空も明るくなってきました。
「これなら移動できる!」と、今度は水たまりができた道を慌てて小走りでオペラハウスへ逆戻り。
レインコートを取りにホテルまで戻ることなしに、無事、次の目的地である「現代美術館」まで、ずぶ濡れにはならずに移動できたのでした。

元ノルウエー銀行だった建物を利用した現代美術館は、そう大きいところではありませんでしたが、地階では、子ども向けの無料ワークショップ(週末のみ)があり、この日は「影絵」をテーマに紙で人形を作っていました。
といっても、こんなお天気なので、お客はわが家だけ。
美術館の人に作り方を教えてもらいつつ、娘は動物らしき物を作って楽しみました。

オスロ現代美術館は、雨の日だけでなく子連れにぴったりの場所です。




その後、あの大雨が嘘だったかのようにすっかり雨があがり、ちょっと遅めのお昼にカフェで高級なサンドイッチを食べ、ホテルに荷物を取りに行き、歩いてオスロ中央駅から空港行きの電車に乗ったのでした。

オスロでは全てのものが高級品。
物価は死ぬほど高いけど子連れにはとても優しい街でした。

オスロからセルビア、ベオグラードまでは約2時間半のフライト。
どんなところなんだろうか。

ちなみに、北欧はシェンゲン圏内なので、オスロ空港では、シェンゲン圏外に行く場合には飛行機に乗る直前の免税店を通った後の最後、搭乗ゲート近くでイミグレーションを通過する必要があります。時間に余裕を持って搭乗口に向かいましょう。

***子連れ旅情報***

オスロ/ノルウェー
街の子連れに優しい度 ★★★★★
公共交通は全てバギーを畳まずに乗車が可能。空港から市内へ向かう電車内は、オムツ替え付きのトイレあり。子ども向けのアクティビティや施設などもあらゆるところにあり、子連れ旅初心者にはうってつけの旅行先です。
ただし、物価が死ぬほど高いのがたまにキズ…。

電車料金:4歳以下は無料。4〜15歳は子供料金。
子連れアクティビティ充実度:★★★★★
子連れ食べ物充実度:★★★★★
赤ちゃん用品の充実度(手に入れやすさ):★★★★★
※ただし物価高なので値段も高いです。
オムツ1パックが120クローナ位、日本円で2000円くらい(ネット調べ)。

宿泊パークインオスロ 
かなり早めの時期に、パークインのサイトで予約すると、早割でユースホステルのシングルルームよりも安く宿泊できます。
世界的チェーンホテルなので何の特色もありませんが、とても快適です。

宿の子連れに優しい度 ★★★★★
朝食ルームにはハイチェアーもあり。2歳未満のベビーベッド無料。13歳未満は常設のベッド使用の場合は無料(娘は4歳ですが、エクストラベッドを無料で用意してくれました!)。
自炊は不可。部屋に備え付けの湯沸かしケトルがあり、紅茶、ネスプレッソあり。冷蔵庫もあるので、ちょっとしたものは冷蔵保存できます。



にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

0 件のコメント:

コメントを投稿