2014年8月23日土曜日

【子連れでアルバニアの旅】ティラナの無料ウォーキングツアーに参加

15 August  2014

朝は7時に起床。身支度をし予約しておいた8時にブレックファーストルームへ向かいます。

品の良いインテリアでまとめられた部屋の中央には大きなダイニングテーブルがあり、その上には、アルバニアの美味しいパン(白チーズ入りのパンなど)各種、手作りのジャム、フルーツが山盛りそして大きなポットにはたっぷりのコーヒーが用意されていました。プラス、おばちゃんが目玉焼きをその場で調理してくれます。






たっぷりの朝食をいただいた後、9時頃には宿をチェックアウトし、近くのバス停から乗り合いバスでベラットのバスターミナルへ向かいます。

5分ほどで真新しいバスターミナルに到着しました。
バスの係員らしき人に「ティラナ行きのバスは?」と聞くと、駐車場の一画を指差し「9時半にあそこに来る」と言います。
その時間までまだ15分ほど時間があったので、バスに乗る前に娘をトイレに連れて行こうと、表はピカピカ、中はガラガラの建物の中へ娘の手を引いて入ります。
公共の場所にしては綺麗によく掃除されているトイレから手を洗って出てきたところで、ちょうどティラナ行きの黄色い観光バスがやってきました。ミニバスとは違い、見るからに快適そうです。
ホっ。

ティラナ行きは黄色いバス

バスに乗っている間の記憶がないので、おそらくほとんど寝ていたんだと思います。来るときに乗ったバンとは違って、スペースも広く(バンに較べると)エアコンも効いて快適なバスの旅でした。

バスは3時間ほどでティラナに到着しました。ターミナルを降りてすぐの所でタクシーを拾い、再び一昨日泊まった宿へ向かいます。

宿のおじさんが一昨日と同じ部屋を用意しておいてくれました。預かってもらっていた荷物を引き取ったのち、部屋に荷物を降ろしてすぐにお昼を食べに出かけます。
宿の前にはちょっとした飲食店が並んでいて、そのうちの1軒に入ってビュレックとよばれるカッテージチーズとほうれん草が入ったパイで軽めのランチです。

再度宿に戻ってくると、通路の真ん中に何か置いてあります。
石のような茶色い大きな塊。
なんだろうと目を凝らして見ると…
ギャッ!
動いてる?!



よ〜く見たら、なぜかカメさんがお散歩中でした。
一体どこから来てどこへ向かっているのか…。

そしてこの人畜無害な小動物「カメ」になぜか悲鳴をあげて怯える娘…。
大騒ぎしながらエレベーターに乗り込み部屋に戻りましたが、なぜゆえに娘はカメをそんなに怖がるのでしょうか。怖すぎて写真すら撮れなかった店先で串刺しでぐるぐる回る羊の丸焼きとかのほうが、よっぽどグロテスクで恐ろしいと思うのですが。。。

お散歩中のカメさん

昼間はやはり外出するには暑すぎるので、またエアコンの効いた部屋で数時間ほど休憩です。
娘はバイキングの本(まだ大活躍!)を見たり、ママとダディはそれぞれメールを書いたり調べ物をしたりしていました。ネットを検索していたら、午後4時(月〜金のみ)に博物館前から無料のティラナ市内ウォーキングツアーがあるのを知って、「これはちょうど良い!」と参加することにしました。 他国の都市同様、予約不要、完全無料(気に入ればチップを)のツアーです。
各国で参加してきたウォーキングツーですが、土地勘を養えるのはもちろんのこと、合併分裂を繰り返す風雑な歴史を持つバルカン半島の国々のそれぞれの立ち位置や国ごとの見解、ガイドさんの個人的な意見などが伺い知れて、とても興味深いものでした。

西日がきつい午後4時5分前ほどに集合場所の国立歴史博物館に到着すると、すでに数人の参加者たちが待っていました。ツアー参加者は、欧米の参加者を中心にわが家を入れて約20名ほど。娘はもちろん最年少の参加者です。

無料ツアーを催行するアルバニア人のガイドさんはアメリカに10年ほど住んでいたそうで、とても流暢な英語を話し、ティラナ市内の主要ポイントを周る間、調べても情報の少ないアルバニアの状況や歴史を詳しく解説してくれて、とても勉強になりました。
ティラナの地理感覚を養うためにも、初日に参加すればよかったな。

旅ブログを読んでいると、ティラナはつまらない、何もないという人が大半だったのですが、こうして歩いてみると、街の中でもちょこちょこと見る場所があって、なかなか面白いところです。
できればもう2〜3泊したかったな。

スカンデベルグ広場近くに建てられたモスク内のフレスコ画。
一見の価値ありです。

モスク内ではお祈りをしているおじいさんがいました

ティラナのシャンゼリゼ

18世紀のオスマン帝国時代に作られた石橋

ティラナではとてもカラフルにペイントされている社会主義独特の四角い建物。

アルバニア人、マザーテレサの像

1997年に起こった暴動を記念して作られた平和の鐘

元々はアルバニアの独裁者ホジャの名前がついた美術館だった「ピラミッド」
中には入りませんでしたが、現在は廃墟のよう。
アルバニア国内に70万個あるといわれているバンカー(防空壕みたいなもの)。
40年続いた独裁者ホジャによる政策のひとつ。



ベルリンの壁の一部がここティラナにもありました。
ティラナの最新注目エリアには、おしゃれなカフェやバーがあります。

橋の上の青空本屋

本屋の隣でとうもろこしを売るおじさん、家庭用品を売るおばさん。

またもや、そろそろツアーも終わりかけの頃娘のお腹が空き始めてぐずり始めたので、先にツアーから抜けて夕食を食べに行くことにしました。
ツアーの最中にガイドさんがオススメしていたアルバニアの郷土料理が食べれるレストランで夕食です。

食べ物を注文しティラナ産のビールを飲んでいると、今日のガイドさんとツアーに参加していた老夫婦を連れてやってきました。
私たちが、ガイドさんにツアーのお礼を言い二言三言言葉を交わすと、ガイドさんは「それじゃあ!楽しい夕食を」といってしまいました。とても親切なガイドさんです。

アメリカ人の老夫婦とテーブル越しにあれこれ話していると、食事が来たので食べることに集中します。
先に食べ終えたわが家は、老夫婦にさようならを言って宿に戻りました。

ポテトみたいな…おいしかったです

ピザのようなパイ。チーズとトマトが入ってました。

アルバニアの郷土料理に関してはこちらのサイトに詳しく書いてありました---->



にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

0 件のコメント:

コメントを投稿