2014年8月3日日曜日

子連れ旅には最高なノルウェー!でも物価が高すぎで心臓に悪い街オスロ

31July 2014

さて、今回は子連れで北欧ノルウェーのオスロを旅しにやってきました。
物価が高いと聞いているのと、あくまでもストップオーバーで立ち寄るだけなので、滞在は2泊3日のみ。

これまで物価の高い北欧を旅するときには、自炊可能なキッチンとランドリー施設があるユースホステルのプライベートルームを予約していました。今回は色々調べたところ、たった2泊だけなのとユースホステルでもホテルでもあまり値段が変わらない、むしろアクセスが良いホテルのほうが若干お安めということがわかりました。


そこで、約4ヶ月ほど前とかなり早い時期でしたが、パークインバイラディソンホテルを予約。
ホテル予約サイトよりも、早割でパークインの自社サイトで直接予約する方が朝食付き1泊716NOK(約12,000円)と安かったです。

朝食はたっぷり、子どもにもエキストラベッドを用意してくれて、チェックイン時に塗り絵をくれたり、子どもにとても優しいホテルでした(事前にリクエストすればコットもあり)。

ただし、ノルウェーのオスロでの外食費はベラボーに高いので、キッチンのあるユースに泊まって自炊する方がよかったのかも??

旅の必要経費のほとんどは「交通費」「宿泊費」「食費」と、この3つ。
この3つをどれだけ抑えるかで、旅のバジェットも変わってきます。
そんな中、オスロでの食事は、何てことない「サンドイッチと飲み物」だけでも軽く2,000円以上近く、水ですらボトル1本の値段が500〜600円。
水でさえも気軽に買える値段ではありません…。

何をするにもイギリスの倍、日本だったら3倍価格の感覚がつきまとい、いつもドキドキしながら行動…。
特に子連れの旅では、用意周到、準備万端で出かけないと、喉が渇いたとかお腹が空いたとか、何かと予期せぬ出費が。
オスロの町歩きは、心臓に悪い街です。長居したら破産してしまうかも…。

というわけで、初日、ロンドンのガトウィック空港からNorwegian航空でオスロに到着した時には、もうお昼過ぎでした。
イギリスとノルウェーの時差は1時間なので、体内時計はお昼を食べるにはちょっと早い感じだったのと、飛行機の中で搭乗前に買っておいたサンドイッチを朝ご飯に食べたので、娘もちょっとは我慢できるだろう…。とのもくろみで、オスロ空港を出て電車で宿泊先のホテルへと直接向かうことにしました。


空港からのエクスプレス電車は、たった20分でオスロ中央駅に到着。
中央駅からは徒歩10分のとってもキッズフレンドリーなパークインバイラディソンホテルにチェックインしました。

受付で娘用にとぬり絵セットをもらえて、部屋に入ると、特にリクエストはしていませんでしたが、娘用に簡易ベッドがちゃんと準備されていました。新しい場所で、娘がキョロキョロしている間に、大人は、部屋に備え付けのネスプレッソがあったのでコーヒーを入れて、取りあえずちょっと休憩。

その後、街中を散策しにGO!

オスロの街は、とてもゆったりとした作りなので、バギーでも全く問題なし。
ちなみにノルウェーの列車は、ファミリー専用車両や、車内に子どもが遊ぶ場所、オムツ替えのスペースがあり、赤ちゃん連れの長時間の電車の旅も問題ありません。
オスロは子連れ旅ファミリーにとっては、文句なしの5つ星、ファイブスターの場所です。
もう本当、どこに行くにも子連れにはとってもフレンドリーな街でした。

ホテルを出て街の中心あたりに来たところで小腹が空いてきたので、何てことない至って普通のカフェで、びっくり仰天価格のベーグルサンドを家族3人でつつましく分かち合って食べました。ダイエットにも最適な場所かも(笑)

その後は、緑豊かでとても気持ちのいい街の目抜き通りをブラブラしながら、ロイヤル・パレスまでお散歩。
ゆったりとした時間が流れるオスロの街。


ロイヤルパレスから市内を見渡す。

残念ながらロイヤルパレスが閉まっていたので、その足でオスロ国立美術館へ。ここで本場ムンクの「叫び」を見ました。
娘は、マティスの「ダンス」の絵が大層気に入ったようで、じーっと眺めてました。この絵の何が幼い娘の心を捉えたのでしょうか??
建物を出たら、外はまだ真昼間。でも時計を見たらもう夕方6時近くになっていました。
ちなみに、イギリスとノルウェーでは1時間ある時差と、白夜で有名な夏の北欧のこの日の時点で日没が夜10時近くということで、夜の7時過ぎになっても、まだ午後遅い時間といった感じでした。
イギリスから来たばかりなので、時間の感覚が思いっきり狂いまくりです。

この日は、朝が早かったのと移動の疲れもあり、ホテル近くで夕食を食べることにしました。
こういう時は、先人の知恵を取り入れよう。おなじみロンリープラネットに紹介されているホテルに一番近いレストランCafé Skansenへ行くことにしました。

目の前に広場があるレストランの外側のテラス席は、北欧に住む人々にとってはとても貴重な日光をできる限り浴びようとするお客さんたちで超満員。
周囲の人が食べている物を観察しつつ、注意深くメニュー(むしろお値段)を見ながら「ゆでエビ」と「ムール貝」を選び、娘と3人で大事に分かち合って食べました…。
娘は、付け合わせのフレンチフライ完食で満足。
海が近いだけあって、シーフードはとっても美味しかったけど、もちろんお値段はノルウェー価格…。



テラス席は目の前が見通しの良い広場になっているので、子連れに最適でした。
子どもが広場を走り回っているのを見ながら、
大人はゆっくりと食事ができます。


食事の後は、まっすぐホテルに戻り、娘をお風呂に入れ、まだまだ明るい外の光を遮るために遮光カーテンをぴっちり閉めて、娘を寝かしつけたのち、ママは、薄暗い部屋の中で、今後の旅の情報をネットでリサーチするのでした。

今回、(物価の高い)オスロを訪れた理由は、ロンドンからセルビアのベオグラードへ向かうのに、オスロでトランジットすると飛行機代が安くなるのと、北欧3国でノルウェーだけまだ訪れたことがなかった。
という理由だけだったのですが、ふと、オスロの物価とトランジットすることで浮く飛行機代を比較したら、ロンドンから直行でベオグラードに行ってもあんまり変わらなかったかもしれない…。と思いながら、22時すぎても、外はまだ夕暮れ時のオスロの空を遮光カーテン越しにちらっと覗いてベッドに入りました。

オスロは、ベビー用品も簡単に手に入り子連れには、とてもやさしい街です。が、しかし、物価が恐ろしく高いので、外出時の水筒やおやつなどは持参、紙オムツやミルクなどの消耗品は、短期間であればなるべく持って行った方がよさそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿