2014年4月4日金曜日

【子連れでキプロスの旅】イギリス人のハワイといえば、キプロス島

04 April 2014

キプロス島へは、ロンドン・スタンステッド空港からおなじみライアンエアーで 一直線です。
我が家からロンドン・スタンステッド空港まで、地下鉄Victoria LineのTottenham Haleで乗り換えで、1時間ちょっとの距離。

今回は、娘(4歳2ヶ月)のバギーは持って行かずに、できるだけ歩かせる!

と決めたので、預け荷物はバックパックとスーツケースが1つずつ、機内持ち込み用で、PCの入った小さなバックパックを2つ、子ども用リュックが1つ。
これらをもって自宅から朝もやの中を最寄りの地下鉄駅まで歩きます。

娘はいつもより早い朝だけど、これから飛行機に乗ってホリデーに行くということで機嫌もよく、約10分ほどの駅までの道のりをスキップや小走りで...。
途中で「バギーのりたい〜」とか「ダッコ〜」と言われなくてすみました。
ホっ。

ちなみに、ロンドン・リバプールストリート駅から出ている空港行きの電車「スタンステッドエクスプレス」は、30日以上前に予約するとかなりお得なお値段になりますので、事前予約を忘れずに!
事前予約と言っても、日にちだけの指定で電車の時間指定はありません。
復路で飛行機が遅延になった場合でも、次に来る電車へと乗り込めば大丈夫です。

今回は、春といえどもまだまだ肌寒いロンドンから、一気に夏(あくまでもロンドンの基準)のキプロス島、そして4月なのにまだ真冬並みのポーランド、そしてバルト2カ国という寒暖の差が激しい旅となるので、ほぼ夏冬両方の服装が必要。
さらに今回は結婚式出席のため、それ用の洋服も持って行かねばならないので、チェックイン荷物の重量ギリギリマックスになりそうな感じでした。
幸いチェックイン・カウンターで計量した時には、まだ2〜3キロの余裕があったので軽いものならお土産買えるかも。



ライアンエアーの狭い機内も4時間20分ほど我慢すれば、そこは 太陽がサンサンとと輝くキプロス島!
英語では『サイプラス』と発音するその島の時差は、イギリスよりも2時間早く、朝6時半に家を出たのにパフォス空港に到着した時は、夕方の5時をすぎていました。

娘はフライト中、離陸、着陸時の気圧の変化で起こる耳痛対策に持参した子ども用のチューインガムとキャンディーを食べたり、ちょうど昼食時にかかるフライトだったので、搭乗前に空港内で購入したサンドイッチを食べたり(機内で買うよりはまだ安い)。
あとは、持参のおもちゃや本を読んだり、搭乗前に空港で仕入れたキッズ雑誌を見たりしてました。
座席モニターなしのフライトで子どもの気を紛らわすのは、これくらいの飛行時間が限界かも…。

ママは、うっかり油断して飛行機の離陸時にガムをかむのを忘れたために、飛行中ずっと鼓膜が破れてしまうんではなかろうかと思うくらい耳が痛く、えらい目に。
キプロス島のパフォス空港到着後、空港建物を出てもしばらく耳がずっと詰まったまま耳が遠い状態でした…。

パフォス空港は小さな空港で、荷物をターンテーブルからピックアップした後、空港前にいるタクシーに乗って約20分ほど、35ユーロで宿泊先のホリデーアパートメントのあるコンプレックスに到着。
ちなみに、タクシーは事前にネットで送迎予約しておいた方が少し安くすむようです。

トゥームオブザキングスまで歩いてすぐの所にある
キプロス島のパフォスにあるアパート

パフォスで1週間滞在予定のこのアパートは、2ベッドルームに大きなリビング、キッチンとバルコニーが付いていて、タオルなどのリネン類はもちろん、生活に必要なものは一通りそろっていました。
冷蔵庫を開けると、中に翌朝の牛乳と食パン、バターが用意されていました。これはありがたい。バルコニーに面したコンプレックスの中央には大きな屋外プールがあります。

到着初日は、アパートで荷物を降ろし、近所の キッズフレンドリーなイタリアンで晩ご飯を食べ、近くの商店で翌朝の朝食に食べるフルーツなどを買い求めたところで終了。

Fat Mama's
47 Tomb of King's RoadPaphos 8110Cyprus

キッズメニューもあり、子ども用の塗り絵をくれます。
毎日店内でやっているショーは子ども受けよしです


今回宿泊するパフォスは、キプロス島の一大リゾートエリアで、皆ふつうに英語を話し、道路も日本やイギリスと一緒の左車線。
空港からの道すがら、KFCやらマクドナルド、イギリスでもおなじみのチェーン店などがたくさんあり、確かに天気と気候はいいが、飛行機で4時間飛んできたわりには、異国情緒に乏しくイマイチ感動が薄い…。
物価もロンドンと較べると若干安いけど、そんなに変わらない印象。
恐らく、イギリスとあまり変わらないリゾートと言う事で、安心感があるのでしょう。
キプロス島は、さしずめイギリス人にとっての日本人のリゾート地、「ハワイ」といった感じでしょうか。

今の時期は、ピークシーズンにはまだちょっと早いのと、イースターホリデー開始直前ということで、観光客もまばらで閑散とした感じ。なんとも寂しい、リゾート地…。
きっと夏に来たらもっと活気があって違うんだろうな。

明日は、ロンドンから遅れてやって来る友人と合流し、レンタカーを借りてキプロスの山の方へ行ってみるつもり。
できれば北キプロスへも行ってみたいところですが、どうなることやら。



にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

0 件のコメント:

コメントを投稿