2014年4月3日木曜日

ロンドンから子連れでキプロス島へ行くには?

子連れでキプロス島の結婚式披露宴に招待される

イースターホリデーはどこに行こうかなぁと考えていたところ、タイミングよくダディの友人、ドバイ在住イギリス人、トラベルフォトグラファーの結婚式に招待されました。

結婚式の会場は、なんと「キプロス島」というリゾート・アイランド。

キプロス島ってどこ??

調べてみると、ロンドンからは飛行機で4時間ちょっと、ヨーロッパの大都市よりトルコやレバノンのほうが近いという、地中海ではイタリアのシチリア島、サルディニア島に次ぐ3番目に大きい島。

もともとイギリス領だったこともあり、イギリスからはローコストエアライン(LCC)が多く飛んでいて、イギリスからの移住者もかなり多いらしい…。
地理的には、ドバイとイギリスとの大体中間地点で、結婚式には老齢の方もいるということ、飛行機代も距離の割にはLCCが就航しているため比較的安価、そして、元イギリス領ということでイギリス人には優しい国ということで、このキプロス島が結婚式の場所に選ばれたらしい…。

ということが分かり、さっそくリサーチ開始!

キプロス島へはどこから飛行機が飛んでいる?

ヨーロッパでは、お馴染みのLCC格安航空会社、ライアンエアーとイージージェットの飛行マップを見較べていると、ヨーロッパ各国からたくさんのびる線があるキプロス島の一大リゾート地、パフォス。そこから、神がかったように円弧を描く光り輝く線が1本だけ目に入った。

キラリ〜ン

その行き先を目で追ってみると…。

『クラクフ』

実は、義理の弟が最近転勤になり住み始めたポーランドのクラクフ。まだ未踏の地、ポーランド。

週2便しかないけれど、キプロス島からクラクフには、ライアンエアーが飛んでいました。
料金もイースターのこの時期にしては格安の穴場路線! 

ちょっと義理の弟の様子を見にポーランドに行くのも悪くないかも…。

と言うわけで、これで今回の大まかな旅のルートが決定しました。

イースターホリデーは、キプロスポーランドの子連れ旅に決定です!!



にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

0 件のコメント:

コメントを投稿