2014年5月30日金曜日

【知っておいてソンはない】子連れ旅行を計画する前に知っておきたい、年齢別旅テクポイント

まず最初に、ズバリ、

子連れの旅行で一番ラクな子どもの年齢は
実は0歳の赤ちゃん。


です。

ママ友たちは、みんな間違いなく「赤ちゃんの時の旅行が一番ラクだった。」とみんな口を揃えていいます。

ロンドンに住む私の周囲では、早い子であれば生後3ヶ月くらいでロンドン=日本の里帰り長距離便に乗り始めています。

ファーストフライトは、授乳とお昼寝のリズムも整い始めた生後3〜4ヶ月くらい、赤ちゃんの生活のリズムと交通機関での移動時間を合わせやすいのでいいのではないかと思います。
タイミングがよければ、「移動中おとなしくずっと寝てたわ!」なんてことも。
夜ぐっすり眠ってくれる赤ちゃんであれば、ロンドンからの日本への里帰りは、夜便が断然おススメです。

娘のファーストフライト


子連れ旅行先のおすすめは?

赤ちゃんの頃の旅先には、時差が少なく短時間で行ける場所で、医療も発達した先進国をチョイスするのがよさそうです。
色々と荷物がかさばる時期なので、往復以外の大きな移動がない1カ所滞在型で、のんびりとできる旅のスタイルがおすすめです。

この時期の子連れ旅行では、まだ寝て起きてミルク飲んでおむつ替えて…の繰り返しの赤ちゃんと一緒なので、赤ちゃんがバギーで眠っていれば、美味しいレストランにも行けるし、バギーに赤ちゃんを乗せて夜の観光、夜景を見に行ったりできたりと、まだ大人の都合優先の旅先での過ごし方ができるというメリットもあります。


赤ちゃんと飛行機

2歳になる前までに飛べるだけ飛べ!! と、よく言われるのは、航空運賃が変わる境目が2歳の誕生日だから。
0歳から2歳までは子供の航空運賃は大人の料金の10%。2歳から12歳までは、なんと75%に。
この差はかなり大きいです。

<飛行機の予約時に忘れてはならないこと>
飛行機は必ず事前にバシネット、赤ちゃん用の離乳食、子ども用の機内食を予約のこと。
特にバシネットは一定数しかないので、混んでいる時期は早め早めの予約が必要です。
子どもが規定のサイズ(航空会社各社によってことなる)にギリギリ当てはまらない、ちょっと無理かなと思っても、とりあえず予約だけしておきましょう。壁の前、一番足元が広い席に座れます。

交通手段の選び方



子連れ旅の移動手段には、電車、飛行機、船、バスと色々な手段がありますが、

  • 赤ちゃんの頃は親のラクさ優先(乗り換え回数やアクセスの良さなどを考慮)
  • じっとしていられない1〜2歳頃は早さ優先(移動時間を考慮)

と月齢に応じて選びましょう。

例えば、ロンドン市内(他の大都市も同様)の移動では、バギーに乗せた赤ちゃんは、階段や段差の多い地下鉄や電車に乗るよりも、多少時間がかかっても乗り降りが簡単なバスの方が断然ラクです。 電車や地下鉄も同様、ラッシュアワーなどでなければバギーを畳まずに乗れます。
ちなみに公共交通機関で「バギーを畳んで乗れ!」と言われたのは、北京と日本くらいでしょうか。そんなに混んでなかったのに。

それ以降の年齢では、子どもの体力や興味(男の子なら電車好きとか)に合わせ、普段の生活のルーティンが乱れない時間(起床・就寝時間など)を優先して選ぶといいと思います。


年齢別子連れ旅のポイント

ここからは、子連れ旅行をする際に押さえておきたいポイントを年齢別にみていきたいと思います。

0歳児連れの旅のポイント


この時期の子連れ旅は、今までの子供がいない大人だけの自由気ままな旅行はできず、ホリデーの半分以上は赤ちゃんの世話で終わってしまう可能性は大。ですが、育児に疲れているお母さんたちには、環境が変わることで気分転換にもなるし、赤ちゃんも新しい環境へ連れて行くことで刺激になります。

赤ちゃんとの旅行は、長距離線の飛行機の機内や鉄道などで泣かれると、確かに大変ですが、見知らぬおばちゃんが赤ちゃんをだっこしてくれたり、若いお兄さんがあやしてくれたり、海外の公共交通機関で子連れに席を譲ってくれるのは当たり前、旅の先々での周りの人の子供を見る目の優しさ暖かさが身にしみるかけがえのない経験と引き換えです。
まず子どもの記憶に残ることはないと思いますが、親子ともども成長の糧になることは間違いありません。
<飛行機>
飛行機の離発着時は、ゼロ歳児でも親子でシートベルトを着用。 席を立つことはできないので事前の準備は万全に。特に大都市の空港は、飛行機の離発着が混み合っていることも多く、シートベルト着用のまま長時間待たされることもしばしばあるので、搭乗前に必ずオムツ替えやお手洗いを済ませておきましょう。

***気圧の耳痛対策
気圧の変化で耳が痛くならないように、赤ちゃんであればミルクや飲み物類の用意、少し大きくなった子にはキャンディー(かまないで比較的長い間ペロペロ舐めるのでチュッパチャップスがおススメ)かチューインガムがあるといいです。口の中で長時間モグモグしていられる食べ物があれば用意しましょう。
赤ちゃんにあげるミルクや飲み物は、飲み始めるタイミングに注意です。あまり早すぎると飛行機が高度を上げて気圧が変わる時には飲み終わってしまったなんてことも。
個人的には大きな飛行機よりは中型の飛行機で、離陸時よりは着陸時に耳が痛くなることが多いです。また風邪気味の時も耳が痛くなりやすいようです。

***機内での過ごし方
その他、機内モニターにまだ興味がない赤ちゃんには、特にシートベルト着用の間に飽きないよう音のでないおもちゃや本の用意なども必要です。
離陸後は、赤ちゃんをだっこして機内や電車内をうろうろしながらあやしたりと、親はひと時たりとも休むことはできません。
出発前にお散歩に行っておいて機内では疲れてぐっすり眠れるようにしておくとか、夜便の飛行機を選ぶとか、短時間であればお昼寝の時間帯に合わせるなど、移動の前に何らかの対策を練ることができると思います。
それでもやっぱり、赤ちゃんがいつもと違う環境に、どうしても泣きやまない場合もあります。
そういう時は、だっこして通路をひたすら歩き回ってみたり、列車であれば人気のない車両の連結部分や洗面室のある場所に行ってみたり、機内ではトイレにこもってちょっと授乳してみたりしてみます。

***子連れの機内でのマナー
ホリデーシーズンで子ども連れの多い飛行機の便であればちょっと気も楽ですが、そうでない場合、特に日本人の多い日本発着の便は、事前に周囲の日本人に「赤ちゃん連れなのでご迷惑をかけるかもしれません」とひとこと伝えておくのがスマートかもしれません。

バシネットの取り付けが可能な一番前の席は、足下のスペースが広く、赤ちゃん連れでなくても事前に席をリクエスト予約する人も多いので、どんな人が隣に座るのかは当日飛行機に乗らないと分かりません。でも、お手洗いに立つ間に赤ちゃんを抱っこしてくれたり、あやしてくれたりする親切な人もまれにいて、そういう人に恵まれた場合は、長い機内での過ごし方もちょっと変わります。。。
幼い子を連れたフライトの場合は、本当に助かります。

<宿泊>
宿泊先は事前にリクエストしておけば、ベビー用コットを無料で用意してくれるところがたくさんあります。
何らかの理由で、用意できない、有料という場合には、ポップアップ式のトラベルコットを持参すると良いでしょう。

乳幼児を連れた子連れの旅にあると便利なもの、必要な持ち物。旅のもちものを年齢別にまとめました

また予約時には、必ず「赤ちゃん連れ」ということを伝えておきましょう。場合によっては広めの部屋だったり、静かな部屋にしてくれたり、赤ちゃん連れを考慮して部屋を割り振ってくれることがあります。


1歳〜2歳児連れの旅のポイント


子連れ旅でちょっと厄介なのは、一カ所にじっとしていられない1歳〜2歳前後の時期でしょうか。
ハイハイやよちよち歩き始めの乳児と長距離を移動する際は、事前に色々対策を練らなければなりません。

<飛行機>
飛行機は、事前にバシネットが設置できる、足下のスペースが広い一番前の席を予約すること。子どもが床に座って遊ぶことができます(航空会社にもよります)。子ども用の機内食も同時に予約しておきましょう。
この年齢の子どもは、飛行機の離陸時に親の膝の上でシートベルトをつけてじっとしているのは、至難の業です。普段は食べないお菓子を特別にあげてみたり、真新しい本やおもちゃを出したりしてみましょう。Ipadなどのデジタル機器に頼るのも手です。
また、機内での暇つぶしに、なくしたり捨てても構わないようなおもちゃや本を100円ショップ(1ポンドショップ)で仕込んでおくとよいです。

<宿泊>
この時期の子連れ旅では、部屋の中で子どもが動き回れるスペースが確保できる宿を予約しましょう。
部屋で簡単な調理をして食事がとれるキッチン付きのアパートメントタイプや、共同キッチンやランドリー施設、大きなラウンジのあるユースホステルの個室などに宿泊するのがベストです。
色々汚したりぶつけて怪我したりの多い年齢です。
先ず部屋に入ったら、一番最初に危険なものがないか子どもの目線で確認をしましょう。色んな調度品がある素敵な部屋よりも、シンプルな部屋の方が物を壊したりする心配が無いので、親も安心です。
ベビーコットも忘れずに用意してもらいましょう。

<食事>
この月齢の子どもは、一日の生活のリズムもでき始めているため、夜は宿のお部屋でテイクアウトの食事を取るとか、スーパーやデパートで買ったお惣菜で夕食となることも。
子どもが食べられるものに限りがある年齢なので、キッチン付きのアパートで調理して食べるほうが、温かいものを落ち着いて食べられるかもしれません。
レストランでじっと座り続けるのが難しい年頃なので、周りに気兼ねせずゆっくりと食事ができます。
普段使い慣れた子ども用のカトラリーも持って行きましょう。


2歳児連れの旅のポイント



子連れ旅の分岐点、2歳を過ぎると航空券が大人料金の75%となり、大人とそんなに運賃が変わらなくなってきます。

<飛行機>
この頃の年齢の飛行機の席は、トイレ近めの景色が楽しめる窓側の席を予約するのがベストです。 この年齢は、どれだけ「機内で時間をつぶす要素があるか」がカギです。
里帰りなどであれば、同時期に移動するお友達家族とフライトを合わせてもらうのも手です。
普段家ではテレビを見せていない家庭もあると思いますが、機内エンターテイメントも積極的に活用しましょう!
Ipadの子ども用ゲームも充電満タンで事前にたくさんダウンロードして大活躍させましょう。

<宿泊>
コミュニケーションは大分取れるとはいえ、親の言っていることがまだよく分からず、まだまだ外で長時間お行儀よくしているのが難しい年齢です。
この年齢も、簡単な調理をして食事がとれるキッチン付きのアパートメントタイプ、共同キッチンのあるユースホステルの個室などに宿泊する方が、気がラクです。

部屋の中に子どもが動き回れるスペースがある部屋や共同スペースがあるといいですね。チェックインして部屋に入ったら、コンセント類、ガラス類など、まず危ないものがないか確認をしましょう。
ベビーコットもまだギリギリ寝れる大きさだと思います。予約時に忘れず用意してもらいましょう。

<食事>
まだまだレストランで長時間座り続けているのは難しいもの。
事前にキッズフレンドリーなレストランを選ぶか、または、お部屋で食べた方が周りに気兼ねせず食事ができてラクです。
昼間は、天気がよければ、地元のスーパーで買いものをして、公園のベンチなど外でピクニックもできます。 これなら汚したり騒いだりしても全然問題なし。

3〜4歳児連れの旅のポイント>


親のいうことも理解できるようになり、自分一人でも上手に時間を過ごすことができるようになる年齢です。

<飛行機>
この年齢になると、座席モニターのキッズ番組を見たりして自分で上手に時間を過ごすことができるようになり始めます。
旅の始まり、往路の飛行機(列車)では、普段の生活とは異なる空間で興奮のあまりなかなか寝つけなかったり、飛行機の機内(電車内)で、興味本意でやたらとトイレに行きたがったり(出ないのに)、飲み物を飲みたがったり。好奇心旺盛なだけに普段とは異なる行動に出たりすることもあります。でも、その後続く旅のことも考え、飲み過ぎ食べ過ぎなどの子どもの体調管理は万全に。

搭乗前の空港(駅)の本屋さんで、子ども向け雑誌を「飛行機(電車)に乗ったら読もうね!」と購入しておくと、しばらく機内(車内)でのヒマつぶしの格好の材料となります。

<宿泊>
予約の際、4歳ぐらいから「添い寝の場合は宿泊無料」の1行がなくなるところもちらほら出てくるので、要注意です。
欧米系大手ホテルチェーンは、わりと大きな子どもでも大人が同伴の場合、無料で宿泊させてもらえることが多いようですが、お洒落なブティックホテルや中にはユースホステルでも「子どもの宿泊不可」のところがあるので、事前によくチェックしておきましょう。
  ちなみに、子どもと添い寝する際は、ダブルベッド1台よりもシングルベッドを2台をくっつけた部屋を選んだ方が、ベッドの幅が広くなることが多いです。ただし、ベッドによっては2台くっつけると、ベッド同士の間に大きく隙間ができる作りのことがあるので、要注意。
事前に、ホテルに問い合わせるか、ウェブサイトで部屋の写真をみて、ベッドの作りを観察しておきましょう。
   一番いいのは、子ども用のエキストラベッドが無料、もしくは予算に余裕があれば子ども用のベットもあると、夜中にキックされたりせずに家族全員が良質な眠りを手に入れることができます。

わが家は、娘との添い寝で睡眠不足が続いた時やよく眠りたい時には、掛け布団や毛布を床の上に敷き、バスタオルや持参したブランケットをかけて子どもを床に寝かせてしまっていました。
これで大人は、子どもからの不意打ちキックやパンチもなく、安心してぐっすりよく眠れます。

<食事>
レストランの中でも一定の時間であれば座って食事ができるようになってくる年齢。公共の場での振る舞い方、テーブルマナーを教える良い機会かもしれません。

キッズミールを頼むにはまだ量が多すぎる、でも取り分けでは、ちょっと足らないかも。レストランにもよりますが、場合によっては、親の分の取り分けではお互いに足らないこともあります。
そういう時は、取り分けにプラスで量が少なめの前菜用のスープやサラダ、サイドメニュー(温野菜、芋類)を一つ選ぶとちょうどいい量になることが多いです。
もしくは、前菜用のメニューをメインとして作ってもらう、ということも考えられます(逆にメインを前菜としてもらうこともできるかも)。とりあえず聞いてみましょう。 そして、取り分けて食べるものに辛いものが入っていないか注意しましょう。

5歳児以降連れ旅のポイント


大人の言うことはきちんと理解し、世の中の色んなことがわかり始める年齢です。
大人の手を借りずに一人でやりたいこともたくさん出てくるので、そこはぜひ、親としては子どもの意志を尊重したいところです。
ですが、不特定多数の人が出入りする場所などでは、このご時世、ちょっとだけ気をつけるべきだと思います。
例えば、空港や公園など大勢の人が出入りするような場所でトイレに行かせる際などは、不審者が居ないかなど大人の目での注意が必要です。
不審な人に出会った場合の対処法を話し合っておくのもいいかもしれません。
大人でも人の本質を見抜くことはとても難しいことで、無暗に人を疑い過ぎるのも良くないですが、特に旅先では、外国人と分かると騙そうとする人が居るのも確かです。ママとしては、旅先で出会う人々を通じて、良くも悪くも「人は見た目だけでは判断できない」と言うことを娘が学び取ってくれるといいなと思っています。
人混みの多い場所、国によって交通事情が異なる道路を横断する場合など子どもの手を離さないようにしましょう。
<飛行機>
機内でも自分で持ってきたものや映画を見たりして自分で時間を潰せる年齢です。とはいえ、トイレや飲み物が欲しいなど、長時間じっと座ってるのはキツイので、長時間の飛行機での座席は、通路側を選びましょう。家族で一列座席をブロックできると一番いいです。
<宿泊>
そろそろ子ども用のエキストラベッド代がかかる宿が出始めます。また子どもの体も大きくなってきて、例え無料でも添い寝では親がよく眠れないこともある年齢。
探せば子ども用のエキストラベッドを無料で用意してくれるところも多いので、無理せず子どもは別のベッドで寝かせましょう。大人も子どもも睡眠をしっかり取ることで旅先でのケガや病気を防ぐことに繋がると思います。
<食事>
外食続きだと新鮮な野菜やフルーツが不足しがちです。おやつやスナックにフルーツなどを食べたりして調節しましょう。
またその土地の料理を試したり市場に訪れることは食育に繋がって行くと思います。取りあえず、ちょっと食べさせてみましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿