2014年9月5日金曜日

ブカレスト、コペンハーゲンそしてロンドンへ

28 August 2014

さ、さむっ。
帰って来たらロンドンはすっかり秋でした。
なんだか浦島太郎な気分です。

約1ヶ月に渡るバルカン半島を巡る旅も本日終了。
バルカン半島は(一部を除き)どこも大体物価が安いし、食べ物も美味しかった。
子連れのわが家にどこでもみんな親切だったし、何と言っても怪我や病気を全くしなかったので本当に良かった!

ブカレストの空港では、買いたいなぁと思っていたルーマニアの知る人ぞ知る、ウワサのアンチエイジングコスメ「ジュロビタール H3」を発見して、あわてて購入してしまいました。


ジュロビタール、モイスチャークリーム 25ユーロくらい
効果のほどはいかに?!

ただ、あまりにも慌てていたせいか、ちゃんと適応年齢まで見て買ったはずが、これとは別のメーカーの商品を購入してました〜。

ガっクし。

似たようなパッケージだったんだよなぁ。値段も同じくらいだったし。

ブルガリアで買ったバラコスメと併せて、疲れたお肌をいたわるべく、美容に精を出したいと思います。ちなみに、バラコスメとは、ローズオイルとヨーグルト入りのボディクリーム買ってみました。
バラとヨーグルトの絶妙な香り…。


ちなみに、コペンハーゲンの空港ではアラビアのショップがあって、ムーミンマグカップが2個買うと1個無料キャンペーン中で、思わず3つゲットしてしまいました。わが家の家宝です。
空港内だけで結構散財してしまいました。これまで娘のもの以外ほとんどなにも買ってないのに。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
この日の朝は、ブカレストのホテルで、またもやたっぷりの朝食です。
今朝はお皿に色々載せて、そのままドアから外に出てテラス席に座りました。
今日のフライトは、10:15分なので、あんまりのんびりと朝食を食べてはいられませんでしたが、淹れたてのコーヒーに美味しいパンやフルーツなど、新鮮なブカレストの朝の空気の中、たらふく食べました。

7時半にはチェックアウトして、フロントでタクシーを呼んでもらいます。フロントの人に「空港まで大体幾らくらいか」と聞くと、『70RONくらいかしら。90RON以上かかることは絶対にないと思います。』とのこと。

やっぱり、ブカレスト北駅からのタクシーは相当ボッてたな…。

呼んでもらったタクシーもすぐ来て、荷物を車のトランクに入れブカレストの街を抜けて空港へ向かいました。
空港でチェックインを済ませ、免税店をブラブラ見ていたら、噂のルーマニアコスメジュロビタール」が売っていたので、速攻ゲットです。急いで会計を済ませ、そのまま真っ直ぐ登場ゲートへ向かいました。

チケットを予約する際、色々調べたところ、夏の間、特に夏休みの始まりの時期、終わりの時期は、同じような行動をする人が多いのでしょう、格安航空もさほど安くはありません。この日のブカレストからロンドンに行く飛行機では、スカンジナビア航空が格安で、しかもコペンハーゲン経由だったので、あらかじめトランジット時間が長い便を予約していました。
このトランジットの待ち時間を利用して、コペンハーゲンンに住む友人に会おうという計画です。

このコペンハーゲンに住むダディの友人カップルに最後に会ったのはロンドンで、まだ娘を妊娠中の時。5年ほど前です。
ちょうどデンマーク人の友人の奥さんも妊娠中で、お互いに生まれたら一緒に子供同士遊ばせようね!と話していたのに、それがなかなか実現できていませんでした。

今回トランジットの時間が約4時間だったので、友人カップルに空港に出向いてもらい、空港内のカフェでお茶するだけでお互いの娘同士がご対面ということにはいきませんでしたが、5年越し、わがやの娘はやっとこの友人に紹介出来ました。
4時間のトランジット時間とはいえ、出入国審査や搭乗時間などがあるので、なんだかんだ言って実質2時間半くらい。あっという間でした。

また入国審査を受けて飛行機に乗り込みます。
コペンハーゲンンの入国審査官のおじさんは、娘に「スタンプ押してあげようか?」と、娘は英国パスポートを保持しているのでヨーロッパ内では、本当はパスポートを見せるだけでスタンプを押してもらう必要は全くないのですが、特別に押してもらえました。

ただ、娘には「スタンプを押してもらう」こと自体に興味がなかったらしく…。
あんまり嬉しそうでもありませんでしたが、とりあえずせっかくいただいたので、親の方が、「うわぁ〜〜、よかったねぇぇ〜〜」と、
ちょっと大げさに喜んでおきました。

きっと娘と同じくらいのお子さんがいるお父さんの審査官だったんでしょうね…。

再度、飛行機に搭乗しロンドンヒースロー空港に着いた時には、もう夕方の5時でした。
あまりにも疲れ果てて、タクシーで帰りたいところでしたが、ここ物価の高いロンドン。
北欧よりはマシですが、荷物も比較的少ないのにそんな贅沢はできません。

ママ的には、最安値で行ける「地下鉄」でのんびり帰っても全然構わなかったのですが、ここで疲れがピークのダディのトンチンカン炸裂、ちょっと贅沢して、パディントン駅まで15分で行けるヒースローエクスプレスに乗ることに。

一人21.50ポンド…。

ちょい待て〜、ミニキャブ呼んで帰るのと値段そんなに変わらんのではないか???
40ポンドか45ポンドくらいで帰れなかったっけ?
っていうか、ミニキャブは家の前まで運んでくれるし!

切符を買ってしまったからにはしょうがないですが、実はヒースローエクスプレスよりちょっとゆっくり(30 分)のヒースローコネクトと呼ばれる電車もあって、そちらはもっと良心的な値段。っていうか、約半額。
10.10ポンド。
ちなみに、地下鉄だと地下鉄だとオイスターカードがあれば5ポンド。
パディントンまで50分前後と時間はかかるけど、さらに半額!

家に帰るだけなんだから別にそっちでも良かったのに。ボソッ。

いらぬところでお金を使ってしまうダディ。
このお金でアンチエイジングクリームがもう一個買えたぞ〜〜〜。
いや2個買えたか。

疲れてて寝不足のダディはこういう時、「触らぬ神にたたりなし」です…。
無駄なところにお金を使ってしまう、
典型的「お金のたまらない」タイプのダディです。

ああ、ロンドンに帰ってきちゃったなぁ〜って感じ。

洗濯物どっさりだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村



0 件のコメント:

コメントを投稿