2014年11月12日水曜日

アムステルダムで緊急事態発生!子連れでオランダの旅

10月25日<後半>
チャリンコでアムステルダム中央駅を背に北方面に向かいます。



無料の渡し舟で対岸に渡り、友人宅から自転車で15分ほどでしょうか、ふらつくハンドルさばきで到着したところは、De Ceuvel(デ・スーヴェル)と呼ばれる運河沿いのある一画。



倉庫や自動車の修理工場などがある路地を入ったところにあるその場所は、もともとは埠頭だった工業用地で、荒れ果てた空き地となっていたところをアムステルダムの建築家、デザイナー、アーティスト、フォトグラファーといったクリエーターたちが目をつけ、 昨年頃から再開発の工事が始められたそうです。



10年のリース期限つきのこの場所は、期間限定ということで低予算、可動性があって再利用ができることをコンセプトに工事がすすめられ、いる人もクリエータータイプの人が多く、どちらかというとコミューンと呼んだ方がしっくりくる感じの雰囲気です。





廃材を使った100%リサイクルな建物のカフェや、古いボートを利用したオフィスやスタジオ、B&B 宿泊施設なんかもあるとても楽しそうな場所です。

カフェの前には、古いボートを切断して作ったベンチやハンモック、小さな浮島にブランコがあったりして、子供も色んなガラクタを拾ってきては水の中に投げてみたり、既成のおもちゃなんかなくても十分楽しい!






カフェでお昼ご飯を注文し、外のテーブルで大人たちはおしゃべり、子供は仲良く水辺(水が浅いところで遊ぶように注意しながら)で水遊びです。



葉っぱが赤く色づき始めた穏やかな秋のアムステルダムのひととき。
ミントティーを飲みながら、和やかな午後を過ごす…。



24時間その場で回答、格安航空券が自動予約
海外格安航空券ならイーツアー!!




しかし、そんな平和な時間も長く続かなかった…。


『あぁぁぁっ』

ダディの声にならないような叫びに、「ま、まさか、やっちまったかぁ…」という思いで
振り向くと…。

どうやって落ちたらそうなるのか、全身ずぶ濡れになった娘が水の中からダディに手を引っ張り上げられ救出されているところでした。

慌てて娘に駆け寄ると、

娘は、「暑いから。」とか「ダディがおした。」とか言っている。

こらこら。

実際は暑くもない、むしろ肌寒いし、誰も押していないから…。

娘の後ろについていたはずのダディによると、足を滑らせて水の中に落っこちたそう。

おいおい。後ろについてる意味ないから…。

もちろん、着替えなんて持ってきていません…。
どうしようかなぁ…と思っていると、友人が機転を利かせて「近くにリサイクルショップがあるそこでからそこで子供服を買ってくる。ちょっと待ってて!」と。

助かるよ、ありがとう…。

とりあえず濡れたままでは寒いので、カフェの中に入ります。幸いカーディガンとジャケットは無事だったので、それを着せてしのごうかと娘の濡れた服を脱がせていると、ありがたいことに、お店の人が「あら〜水に落ちちゃったの?これ使って!」と大判の布を貸してくれました。

「水に落ちた人は、あなたが初めてじゃないのよ〜」と娘に「何か温かいもの飲む?」と聞いてくれ、娘にホイップクリープたっぷりのホットチョコレートもサービスしてくれました。

そうこうしていたら、じゃじゃ〜ん、友人がビニールの袋にたくさん洋服を持って登場!
中には、靴、靴下、Tシャツ、スカートにズボンなど入っています。
全部で7ユーロもしなかったそう。
娘はピンクのTシャツにスカートを見つけて嬉しそう。さすがに下着のパンツはなかったので、家に戻るまでは、しばらくパンツ無しで。

子供がいると、本当に予期せぬことが起こります…。
今回は、素早く機転を利かせてくれた友人と、親切なカフェの人のおかげで事なきを得ました。みんなに大感謝。





その後、新聞などでも話題になっている、3Dプリンターで家を作るプロジェクトのサイトを訪れ、友人夫婦が気を利かせて「子供たちを連れて先に家に帰るから、美術館でも見ておいで」と言ってくれたので、お言葉に甘えて、ママとダディは「映画博物館」でお茶でもして帰るかということに。
行ってみるとちょうど面白そうな展覧会をやっていたので、見ていくことにしました。
Anthony MacCallの光のインスタレーションは、意外に面白かったです。


Anthony MacCall

映画博物館 EYE のカフェエリア

2012年オープンした映画博物館 EYEの全景(白い建物)
建築デザインは、ドイツのポルシェ博物館などを手がけたDelugan Meisslのもの。


再び危なっかしく自転車に乗って家に戻ると、子供達はおおはしゃぎ。3人の中で一番年下の娘ですが、ちょっと大きいお兄さんとお姉さんと遊べて本当に楽しそうです。

大家族っていいものですね。子供の頃、祖父母宅にいとこやおじさんおばさんが大勢集まったお正月を思い出しました。
晩御飯は、家族団らんそのもの。今年初の鍋をみんなで食べました。

子供達3人は8時過ぎにはおとなしく全員就寝。
その後大人たちはプロジェクターを出してきて、映像を白い壁に写して映画鑑賞会です。

こういう休日の過ごし方もいいですね。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ


にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ














0 件のコメント:

コメントを投稿