2012年6月1日金曜日

親子乗り鉄、子連れで世界最長路線シベリア鉄道に挑戦!

何年か前に東ヨーロッパを電車で旅して以来「電車の旅」にハマり、自称「乗り鉄」なママがずっと乗ってみたいなと思っていた夢のシベリア鉄道。

シベリア鉄道といえば、ロシアを東西につなぐ乗り鉄憧れの世界最長路線。
正確には、モスクワ=ウラジオストックの路線を指しますが、広大なロシアを走り抜ける路線としては、モスクワ=モンゴル経由で北京、モスクワ=中国東北部、ハルピン経由で北京というルートもあります。

乗りっぱなしでも1週間程度かかり、その寝台列車内での生活やロシア人とのエピソード、それから車窓から見える広大なシベリアの風景など、シベリア鉄道を経験した人の乗り鉄旅行記を読むとわくわくしてきます。

その憧れのシベリア鉄道を使い、2歳半の娘を連れてイギリスから日本まで帰ってみようということになったのは春頃。ちょうど夏休みの時期の1ヶ月を使ってその旅を計画することになりました。



大人だけならまだしも、今回は2歳児を連れてのシベリア鉄道乗車。
ただでさえ『シベリア鉄道』に関する情報が少ないのに、子連れで乗車、しかも小さな子どもと一緒。子連れでシベリア鉄道乗車の情報はなかなか見つかりません。
シベリア鉄道の旅を実現するにあたって、「子連れで乗った、親子乗り鉄」などの
キーワードで隅々まで調べまくりました。

が、なきにしもあらず。
やはり英語で調べ始めると情報量が違い、それでも少ないシベリア鉄道情報の中から、
ちょうど娘と似たような月齢の「2歳児を連れてシベリア鉄道に乗った」という、それも比較的最近のアメリカ人子連れ旅のブログを(around the world with a 2 year old)を見つけることができました。

このブログによって、「ウォッカで酔っぱらって暴力を振るう社会主義国ロシア人」の怖いイメージを持ち、今回の「シベリア鉄道の旅、しかも2歳児連れ」に尻込みするビビリのダディを説得。

娘が寝た後、夜な夜なリサーチを進め、一人着々と準備を進めました。

飛行機に乗れば1日で済むところを1週間かけて大陸横断するという、よっぽどの電車好き、または旅好きでないと、わざわざ好き好んで乗車することがないであろう「シベリア鉄道」。

この「シベリア鉄道の旅」の難易度が比較的高いと思われているのには、時間と費用がそれなりにかかること以外にも、いくつか理由があるのではないかと思います。



《その1
ロシアの旅にはビザが必要なこと。
このビザの規定が国の政治情勢によって良く変わるので、常に最新の情報を調べないといけなません。
またロシアビザを取るには、旅行会社の承認を得た旅のスケジュールや宿泊先の書類を提出しなければいけないということになっています。
かつてよりは緩くなったものの、自力でやろうと思うと色々と手続きが面倒くさいのと、ロシアビザは居住国のみでしか取れない(2012年)ということで、ふらっと思いつきでロシアに入国はできないので事前のある程度の計画と準備が必要。

《その2
ヨーロッパ国内からロシアへは他の東欧諸国に較べると航空券がちょっと高いし遠い。
(最近、ロンドンから格安航空イージージェットがモスクワへ飛ぶようになったので、割安な航空券も手に入るようになりました。日本からは安い時期だとヨーロッパ国内から行くのとそんなに変わらないかもしれません。)

《その3
最後に。なんといってもロシアの旅では、警察にワイロを要求されたとか、ロシア領域に入った時から7日間以内にビザの外国人登録しなければならないのだけれど(またこの情報が色々と錯綜している…)、この滞在のレジストレーションを怠ったためにトラブルにあったとかコワイ旅の体験談がたくさん出てきます。

現にロシア人ですら『シベリア鉄道の旅なんてなんて恐ろしい…。』とか、急ソ連の国の人には、『ロシアは貧富の差が激しくて本当に治安が悪いから、マジで気をつけた方がいい。』と真顔で言われたり。
行く前にも後にも、色んな人から威され続けています(笑)。

ようするに、ロシアの旅情報(特に極東地域)自体がとても少ないことが問題なんです。
情報は探せばあるにはあるけれど、やっぱり気軽にひょいと訪れることができる国でもない。
それゆえにロシアの旅情報も極端に少ないという「悪循環」なのだと思います。

というわけで、子連れでシベリア鉄道乗車を考えている人たちのためにも、今回の旅の記録を綴りたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿