2012年8月22日水曜日

親子で乗り鉄、2歳児と乗るシベリア鉄道 

シベリア最大の街イルクツクからウランウデをバイカル湖に沿って走る電車の中、娘2歳半を連れてシベリア鉄道で親子乗り鉄をした時のことです。

モスクワ発の最新車両の電車にわが家3人が乗車すると、同じコンパートメントにはまだ寝ているロシア人のおばさん二人が下段の両方に寝ていました。

広大なロシアには同じ国の中に11のタイムゾーンがあり、国内でも東と西の端では10時間もの時差があるので、おそらくモスクワから乗車した爆睡中のおばさんたちにとって、モスクワ時間の明け方に乗り込んできたわが家は迷惑もいいところだったようです。

それにしても2歳半の子供がいて荷物もあるわが家にとっても無愛想…。
あいさつぐらいしても良さそうなもの。
ちゃんとドアをノックして入ったし、荷物だけ置いたら(通路に置いといたら他の乗客の迷惑になるし)コンパートメントから出て、おばちゃんたちに起きてもらう時間も作ってあげたのよ。
だって、おばちゃんたちに起きてもらわないと、わが家は座る場所すらないし。

ロシア人のおばちゃんたち

そもそも、昼間の6時間ほどの移動なので、寝台ではなくむしろ普通の座席でよかったのだけど、ここの路線だけダディに購入を任せたのが大失敗。

誰が2歳半の子供がいるのに昼間の寝台コンパートメントの、しかも上段を2つも取るかな(怒)。
しかも普通の座席のほうが値段も全然安いのに。

おまけに、ものすごく太ったおばさんとものすごく細いおばさん二人がものすごく無愛想…。

同室の乗客は選べませんが、これはイタイ。

ものすごく太ったおばちゃんは、ものすごく大きなジャムの瓶からスプーンでジャムを「じゅるじゅるっ」と食べたあと、今度はビニール袋に入った大量のキャンディーを食べ、そのうちの一つを娘にくれます。

太ったおばさんは、これでもかと甘いものを食べ続け、娘にキャンディーを立て続けに与えつづけようとします。
どんなロシア人でも子供がいると最初は無愛想ながらも多少の笑みを見せ、大抵何か話しかけてくるものなのですが、このおばちゃんたちはあまりにも無愛想すぎて、同じ空間に一緒にいることすらいたたまれなくなってきました。

仕方がないので6時間の乗車時間のヒマ潰しに食堂車へお茶を飲みに行くことにしました。



シベリア鉄道の車窓からの風景は、ずっと眺めていても飽きません

電車の揺れでよろよろしながら、いくつもある車両の通路を通り抜け食堂車にたどり着くと、お客は誰もおらずロシア人のウェイターが一人いるのみでした。

テーブルに座ると無造作にメニューを渡され、その中からダディは紅茶、ママはコーヒー、娘にはりんごジュースを頼むことに。

ウェイターを呼びます。

ダディ:
「Tea with Milk Please! (ミルクティーをお願いします!)」というと
ロシア人:
『No possible. No milk(不可能。ミルクなし。)』
ダディ:
「Ok, Black tea please!(そうですか、じゃあただの紅茶をください。)」
ロシア人:
『No possible. No tea.(不可能。紅茶なし。)』

そうきたかっ(爆笑)!!!

紅茶ないなら最初からないっていえばいいのにね(ボソッ…)

ロシアもシベリアあたりに到着する頃には、ロシア人の官僚的かつ事務的な態度にはもう慣れっこで、あまりの無愛想さには呆れを通り越して、もはやコント、コメディの域です。
オレンジと書いたグラスでりんごジュースを飲む娘

結局コーヒーを二つとリンゴジュースを頼みましたが、そうこうしていると、ガイドブックを片手にした白人女性が一人入ってきました。

お互い長時間の電車でヒマなので、誰からともなく自然と会話が始まります。
こういうのが旅の楽しいところ、この女性は、アメリカ人で、ちょうどハネムーンでシベリア鉄道の旅をしている最中とのことでした。3週間ほどの予定で、この後、わが家と同じくウラン・ウデで下車し、最終的には北京まで行くとのことでした。

これまでに訪れた場所、これから訪れる予定の場所、印象的だったことや楽しかったことなどお互いの旅の話が弾みます。
娘も大人しく大人たちの会話を聞いていました。

そんな和やかな時間を切り裂くように、ここでロシア人ウェイターが突然

「You no eat, you go, bye bye!

(食べないなら出て行きな。バイバイ!)」

と。

食堂車はガラガラで、お客はわが家3人とその女性客しかいないにもかかわらず、「飲み終わったらさっさと出て行け」と。

いや、冗談じゃなく本当にバイバイ!と手で追い払う仕草をされたのでびっくり。カスタマーサービスという言葉は、ロシアには存在しないのでしょうか?!
まぁ、お役所仕事と一緒で、国が仕事を保証しているのでわざわざ客にコビを売らずとも経営が成り立つんでしょう。

私たち4人(正確には大人3人プラス子供一人だけど)で顔を見合わせつつも、このとてもロシア的な接客サービスには半分笑いながら「じゃあ、また。ボン・ボヤージュ!」と食堂車を後にしました。

いやいや、ここではロシア人の無愛想さをいいたいのではなく、とても印象的だったこのアメリカ人女性のこの言葉。

「小さな子でも色んなところに旅行ができるのね!
子供ができたからといって、旅を諦めることはない。
ということが分かってよかったわ。」

おそらくハネムーンにシベリア鉄道の旅を選ぶということは、ご夫婦ともにかなり旅行が好きなのでしょう。

若い時の旅は、若者にしかできない貴重な経験ができ、
大人には大人だからこそ味わえる旅の仕方があります。
そして、子連れ旅では子供連れだからこそできる素晴らしい旅の経験ができます。

また世界のどこかで、今度は子連れ同士で会うかもしれません。


※ちなみに、ウランウデ到着の翌日、街の中のスーパーでこのアメリカ人女性にバッタリ遭遇。今度は優しそうな旦那さんにもお会いしました。




にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ




0 件のコメント:

コメントを投稿